ecoPayzの口座開設から入出金方法まで紹介

ecoPayz(エコペイズ)は10betJapanに限らず、様々なブックメーカーやオンラインカジノで利用できるネット口座です。

イギリスの企業ではありますが、日本語で利用可能なので安心して使うことが出来ます。

こういったネット口座を開設することに躊躇してしまう人もいると思いますが、一つでも解説しておくと非常に便利に使うことが出来ます。

この記事では、ecoPayz(エコペイズ)の口座開設から入出金の手続きについて解説しています。

エコペイズの口座開設手順

エコペイズの口座開設は非常に簡単です。

通常のネット銀行口座開設とは異なり、開設だけなら本人確認書類の提出の必要がありません

  1. まずはecoPayzへアクセス

    https://www.ecopayz.com/ja/)
  2. 「無料アカウントを開設」をクリック
  3. 登録フォームへ入力

    ユーザー名:6~20字、英数字、アンダーラインのみ可能
    パスワード:アルファベット(大文字)、数字がそれぞれ1文字以上入ること。ユーザー名と同じには出来ない。
    国・言語:日本、日本語でOK
    通貨:円、EUR、USDがオススメ。通貨ごとに口座管理できるので適当に。

    名・姓:アルファベットのみ可能
    住所:アルファベット、数字のみ可能
    ビル名/番号:番地だけの入力でもOK
    郵便番号:ハイフン無しで7桁入力
    電話番号:ハイフンなしで入力。最初の「0」は無しで。(9012345678)
    CAPTCHA:左側の6桁の番号を入力

    規約に同意にチェック。
    最新情報の受け取りはお好みで。
    アカウント作成ボタンをクリック!

以上でアカウント開設が完了です。

アカウントの無料アップグレード

ecoPayzの口座を開設すると、「Classic ecoAccont」という状態になっています。

このままでもエコペイズへの入金は出来ますが、エコペイズから出金が出来ません

つまり、日本の銀行口座などに資金を送れないんです。

このままでは非常に不便なので、「Silver ecoAccount」に無料アップグレードしましょう。

本人確認が出来る資料をアップロードして、確認が済めばアップグレードされます。

アップグレードには以下の作業が必要です。

  1. Eメールアドレスの確認
  2. セキュリティの質問を設定
  3. 身元確認
  1. Eメールアドレスの確認
    登録したメールアドレスに確認用メールを送ります。
    届いたメールの「メールアドレスを認証」をクリック
  2. セキュリティの質問を設定

    現在設定しているログインパスワードを入力。
    セキュリティの質問を選んで、「回答」欄に質問の答えを入力。
    セキュリティの質問と回答は必ずメモしておきましょう。
  3. 身元確認
    身元の確認には「身分の証明」と「住所の証明」のための資料を送信する必要があります。
    どちらも画像データで送ることになるので、必要資料を写真撮影しておきましょう。

    身元の証明には、「パスポート」「免許証」「IDカード」のいずれかを送ります。
    条件は、「有効期限内であること」「写真付きであること」「生年月日の記載があること」です。
    必ず、資料の4隅が収まった状態で撮影してください。

    住所の証明には、「公共料金の領収書」「銀行取引明細書」「住民票」のいずれかを送ります。
    条件は、「直近3ヶ月以内の日付であること」「登録した名前と住所が一致すること」です。
    アカウント開設時に登録した住所と資料の住所は、必ず同じにしてください。
    修正する場合は、マイアカウントから更新できます。
    これらも資料の4隅が収まるように写真撮影してください。
    私はスキャナーで取り込んだ画像を送りましたが、否認されてしまいました。
    その後、写真を撮って送ったらOKとなりましたよ。
  4. 数日待機
    「身分の証明」と「住所の証明」用の資料を送信したら、数日待ちましょう。
    確認が完了するまでに即日~2日ほど掛かるようです。
    営業日であれば送信後1時間程で確認が完了します。
    完了するまで出金はできませんが、入金は可能です。
    先に入金して10betJapanを楽しんでおいても良いですよ。

ecoPayzへの入金方法

エコペイズへ入金するには、画面左側にある「資金を入金」をクリックします。

すると、右側に上図のように表示されます。

ecoPayzへの入金は、「クレジット/デビットカード」「ローカル入金」「国際銀行送金」が選べます。

クレジット・デビットカードで入金

クレジットカード/デビットカードでの入金は「+カードを追加」をクリックします。

まずはカードを登録しましょう。

クレジットカードによる入金はVISAのみ可能のようです。

VISAのカードを持っていない場合は、「ローカル入金」を選びましょう。

次は、「ローカル入金」による入金方法を解説します。

ローカル入金の手順

「ローカル入金」の場合、「pocketchange」「WirePay」「AlternativePayments」が使用できます。

pocketchange(ポケットチェンジ)

pocketchangeというのは、外貨や日本円を希望の電子マネーなどに交換してくれるものです。

空港や空港近くの駅には画像のような機械が置いてあるはずです。

全国で約30台ほどしか無いので、あまり見かけたことは無いと思いますが・・

この機械にお金を入れてecoPayzを選択すると、レシートにecoPayzのURLと入金コードが記載されています。

ecoPayzのローカル入金からpocketchangeを選択し、レシートの入金コードを入力することで、口座へ入金できます。

入金が反映されるまでに2~6時間程度掛かることがあるようです。

もし近くにpocketchangeがあればですが、入金手数料がかからないので、オススメの入金方法です。

pocketchange設置場所はコチラから確認
https://www.pocket-change.jp/ja/where-to-find/

WirePay

WirePayは簡単に言うと銀行振込による入金方法です。

WirePayを利用するには「Silver ecoAccount」にアップグレードしておく必要があります。

つまり、本人確認が終わっていないと使えないということになります。

また、手数料で5%引かれてしまうのがデメリットです。

「金額」欄に入金したい金額を入力し、チェックボックスにチェックを入れて、「続行」ボタンをクリックします。

画面が切り替わると、右側に入金先の口座と日本円での入金額が表示されます。

表示された口座へ振込をしましょう。

取引は1営業日掛かるので、土日祝日を挟むと数日待つことになってしまいます。

ecoPayzへの入金が完了すると、設定したメールに入金完了メールが届きます。

AlternativePayments

仮想通貨による入金方法です。

WirePayと違い、取引手数料が不要なのがメリットです。

画像にある仮想通貨で入金することができます。

もし、仮想通貨を持っているのであれば、最も手軽な入金方法です。

国際銀行送金

「国際銀行送金」は送金手続きが非常に面倒なのでオススメしません。

というわけで、解説は割愛します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする